介護保険請求の作業を効率化する介護ソフトシステム

笑顔の介護士と老婆

記事一覧

合うソフトを選ぶ

介護保険請求ソフトは、それぞれのメーカーが出している製品ごとにその機能の内容に違いがあり、幅があります。その中から、合うソフトを選ぶ必要があります。機能の内容を見て、検討しましょう。

Read More

それぞれの特徴

介護保険請求ソフトは3種類あります。ASPタイプ、パッケージタイプ、伝送機能だけのソフトです。それぞれ特徴が異なるので、特徴を理解しておくと導入する時に役に立ちます。

Read More

費用を考える

介護保険請求ソフトを導入する時に、気になる部分がコストです。いくら便利なソフトでも、事業所の経営が苦しくなっては意味がありません。導入する時の費用だけではなく、数年先のコストも考えることが大切です。

Read More

パソコンを活用

テクノロジーの進化によって、現在非常に大きな存在となっているのが、パソコンです。
パソコンが誕生して、普及してから企業だけではなく、一般家庭でも当たり前のように使われています。パソコンは今や人々の生活や仕事に欠かせないものになっています。
介護システムも、そのパソコンを活用したサービスになります。

介護保険請求では、様々な業務が必要になります。請求額を計算する必要がありますし、帳票も作成する必要があります。
時間と手間がかかる作業ですが、それを軽減してくれるのが、介護ソフトです。介護ソフトには多くの機能が備わっています。
介護ソフトの機能の1つに、台帳管理があります。
利用者情報を管理できるのはもちろんのこと、取引先情報管理、職員情報管理、ケアマネジャー管理など様々な情報を管理してくれます。
管理だけではなく、計画書の作成も行ってくれます。アセスメント、居宅サービス計画書、支援経過表、福祉用具個別援助計画書などを作成する機能です。
他にも、介護保険請求には必要不可欠な機能は備わっています。予定実績管理、国保連請求、利用者請求などです。
ソフトによっては、介護保険請求で使用するのではなく、介護業務で役立つ知識などもあります。
シフト表作成、複数パソコン利用、SNS機能、データ連携などがあります。
あると便利な機能は様々ありますが、業務上使わない機能があっても意味が無いので、必要な機能が備わっているソフトを選びましょう。

オススメリンク