介護保険請求の作業を効率化する介護ソフトシステム

合うソフトを選ぶ

使用する事業所に合ったソフトを選ぶようにします

介護保険請求ソフトは、介護サービスを実施する事業所で使用されています。介護保険請求ソフトを導入するにあたって、気を付けるべき点があります。それは、事業者の形態や規模に合ったソフトを選ぶことです。現在、多くのメーカーから介護保険請求ソフトが販売されています。そして、それぞれのソフトには特徴があります。具体的には、少人数の事業所を対象としているケースや通所介護・在宅介護の支援に対応しているケースなどです。そのため、事業所の実態に即したソフトの使用が求められます。それによって、使いやすい上に低コストで運用できます。また、介護保険の請求もれなどのミスを防ぐことができます。その結果、事業所の運営が安定します。

介護保険請求ソフトについての豆知識

介護保険請求ソフトの豆知識として、利用方法の違いが挙げられます。どの介護保険請求ソフトにおいても、販売業者と使用契約を結んで、ダウンロードすることには変わりありません。しかし、その使用方法が異なります。ソフトによっては、複数の人数で同時使用が不可能です。その理由は、同時期にソフトを使用する人数を、1人から2人に定められているゆえです。それ以上の人が操作する際は、追加料金が発生します。また、国保連に直接的にデータの伝送ができるソフトもあります。この場合は、介護保険請求ソフトのためにインターネット回線を契約する必要がありません。ゆえに、専用の伝送ソフトも不要です。初期費用が安く抑えられるので、初心者向けのソフトといえます。