介護保険請求の作業を効率化する介護ソフトシステム

それぞれの特徴

介護保険請求ソフトを導入する場合は、それぞれのタイプを理解して、事業所に合ったものを選びましょう。
ASPタイプ、パッケージタイプ、伝送機能だけのソフトがあります。
ASPタイプの介護保険請求ソフトは、インターネットを通して介護ソフトを使用するタイプです。
ASPとは「アプリケーションサービスプロバイダ」の略で、インターネットを通して、介護ソフト提供会社からサービスを受けることができます。
以前までは、介護保険請求ソフトというと、パッケージタイプで高額というイメージが強かったです。
しかし、インターネットを利用するのが当たり前になっている現在では、安価で操作性が良いASPタイプの介護ソフトを利用する事業所が増えてきています。
なぜASPタイプが安いのかというと、バージョンアップは介護ソフト提供会社が行ってくれるからです。
パッケージタイプよりも、導入費用、月々の料金が安いです。

パッケージタイプの介護保険請求ソフトとは、パソコンにソフトをダウンロード、インストールするタイプの介護保険請求ソフトです。
基本的には1つのパソコンにソフトをインストールして利用しますが、ソフトによっては、複数台のパソコンにインストールして、同時に使用することができるのもあります。
ただ、複数のパソコンで使用できるソフトは、1つのパソコンでインストールして使うよりも、価格が高くなる傾向があります。
個人情報の管理を外部に委託するのではなく、自社で行いたいという人は、パッケージタイプの介護保険請求ソフトはおすすめです。
自分のパソコンにインストールして使うだけなので、インターネットを通して第3者に情報を渡すということはありません。
しかし、パソコンが故障したり、盗難されたりすると、データが消えたり、無くなったりするので注意が必要です。
ですから、日常的にバックアップすることが大切です。